スリミングジェルとはどんなものかご存知ですか?

名前や商品は見たり聞いたりしたことがあるけど、どんな効果があって、どうやって使うのかなど、知ってるようで実はよく知らない…ということも結構多いのではないでしょうか?そこで今回はスリミングジェルについて、効果や成分、使い方などについてご紹介したいと思います。

スリミングジェルをこれから使ってみたいと考えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

二の腕や太ももが太くなってしまう原因とは?

年齢が進むにつれ、二の腕や太ももに脂肪がついて太くなる人は多くいます。年齢のせいと言ってしまえばそれまでですが、なぜ脂肪がつきやすくなるのか、その原因について見ていきましょう。

 

筋肉の衰えに伴う脂肪の蓄積

二の腕には上腕三頭筋という腕を伸ばしたり、押す動作で使う筋肉があり、この筋肉が衰えることで脂肪がつきやすくなり、皮膚もたるんでしまい太くだらしない二の腕となってしまいます。太ももも同様に筋肉が衰えることで脂肪がつきやすくなります。また単なる脂肪だけでなくセルライトと呼ばれる皮下脂肪が固く肥大化したものも蓄積しやすくなります。

セルライトは一般的に自分でケアすることが困難とされ、エステサロンなどでマッサージ施術を受けるのが効果的と言われています。セルライトは運動不足や冷えなどにより代謝が悪くなるとできやすくなるとされていますが、ストレスや睡眠不足によっても生じやすくなると言われています。

加齢もさることながら脂肪がつきやすくなる直接的な原因としては、食事におけるカロリーオーバーや脂肪がつきやすい栄養の摂りすぎなど、食生活に起因するケースが多いです。

 

むくみにより太く見えることも

脂肪以外の原因としては、むくみ(浮腫)が生じることで太くなってしまうことがよく見られます。むくみは血行やリンパの流れが悪くなることで体の中の水分が一時的に体の一部に偏ってしまう現象で、オフィスワークや立ち仕事など、体をあまり動かさず同じ姿勢でいることが多い場合、むくみが生じやすくなります。

二の腕や太ももなどが太くなってしまうのは、脂肪の蓄積とむくみの2つが大きな原因となっています。

 

 

スリミングジェルについて

スリミングジェルは自宅で簡単にシェイプアップ効果が期待できるジェルです。ここではスリミングジェルを使える部位や期待できる効果について説明します。

 

使用できる部位は?

ほとんどのスリミングジェルは、脚や二の腕、お腹、お尻など、何かと脂肪が気になる部分使うことができ、脂肪燃焼を促し脂肪を落としてスリムにする効果が期待できます。スリミングジェルと言いつつも、ジェル状だけでなくクリームやオイルなどのさまざまなタイプがあり、異なるテクスチャーがを持っている美容アイテムと言えます。

 

期待できる効果

スリミングジェルを使用することで得られる効果としてはどんなものがあるのかまとめてみました。

 

シェイプアップ効果

スリミングジェルはシェイプアップしたい部分へ塗り、マッサージを行うことで、ジェルの成分とマッサージの相乗効果でシェイプアップ効果が期待します。マッサージの効果にジェルに含まれる成分の効果がプラスされることで、より大きな効果を引き出してくれるわけです。

また、マッサージを行うことでむくみはもちろん、従来自宅でのケアが困難とされてきたセルライトの解消効果も期待できます。太る原因に関わらず、広く使えて効果を発揮してくれるのがスリミングジェルなのです。

 

冷え性の解消や発汗促進

スリミングジェルの多くは温感効果を持ち合わせています。ジェルを塗ってマッサージを始めると程なく温かさを感じるようになり、発汗が促されます。これにより血行が促進され代謝も上がることから、冷え性の改善にも効果が期待できます。

 

中には美容効果や保湿効果も

スリミングジェルは基本的にシェイプアップや引き締めを目的とするものですが、中には高い保湿効果や美容効果を誇るスリミングジェルもあります。肌に塗るものだけにシェイプアップだけでなくスキンケアも行えるのは、まさに一石二鳥のコスメといえるのではないでしょうか。

 

 

スリミングジェルの成分とは?

それではスリミングジェルに含まれる代表的な成分について見ていきましょう。

 

温感効果の成分

スリミングジェルには温感効果があるものが多いです。これは塗ることで温かさを感じる効果で、その成分としては唐辛子の辛味成分として知られる「カプサイシン」が使われているケースが多いようです。温かさを感じることで発汗も促されるわけですが、効果を期待し過ぎる余りつけ過ぎたりマッサージをし過ぎたりすると、肌へ与える刺激も強くなり肌を痛めることにもなりかねません。

ですので使用の際は、くれぐれも適量を取り適度に使用することが大切です。

 

引き締め効果の成分

スリミングジェルには引き締めの成分として植物由来の成分が使われることが多いです。

主な成分としては

 

・ブッチャーブルーム根エキス

・サンショウモドキ種子エキス

・ビワ葉エキス

・チャ葉エキス

・モスカータバラ種子油

 

といったところですが、他にもいろいろな成分が使われているようです。これらの成分は二の腕、お腹回り、太もも、お尻など、たるんだ部分をシェイプアップする効果が見込めます。

 

保湿効果の成分

スキンケアの基本は保湿と言われるほど、健康できれいな肌づくりに保湿は欠かせません。このためスリミングジェルにも肌を守るために保湿成分が含まれていることが多いです。

よく使われる保湿成分としては

 

・セラミド

・ヒアルロン酸

・加水分解コラーゲン

・ローヤルゼリー

 

などが挙げられます。

どうせ肌に塗るのですからマッサージのためだけでなく、しっかり保湿も行いスキンケアの役割も期待したいところですよね?

 

冷感効果の成分

温感効果があるスリミングジェルが多い中、冷感効果によりひんやりと感じられるジェルも存在します。その成分としてはメントール、ミントといったところが多く使われています。

夏場など暑い時期になると、さすがに温感作用は敬遠されることが多いので、冷たく感じるスリミングジェルが好まれる傾向にあるようです。

 

 

スリミングジェルの効果的な使用方法

スリミングジェルの効果を最大限引き出すための、効果的な使い方についてご紹介します。

 

お風呂上がりが効果的

スリミングジェルを使うタイミングとしては、お風呂上がりに使うのが良いと言われています。

その理由として、お風呂に入った後は

 

・血行が良い

・肌が柔らかい

・成分が浸透しやすい

・保湿に最適

 

などが挙げられ、マッサージやスキンケアを行うタイミングとして非常に都合に良いタイミングと言えます。なおジェルを塗る際は、肌の水気をタオルでしっかり拭き取ってから行うようにしましょう。

 

しっかりマッサージする

スリミングジェルは塗って終わりではなく、塗ってマッサージすることが目的のジェルです。

ただ塗っただけでは思うような効果が得られないので、気になる部分に塗ったら必ずマッサージを行うようにしましょう。

 

リンパ節を意識する

スリミングジェルはほぼ全身に使えるのですが、その際リンパ節を意識して使うとより効果的です。リンパ節は首、二の腕、お腹周り、お尻、太もも、ふくらはぎなど全身ににあります。リンパの流れが良くなると老廃物が排出されやすくなり、脂肪やセルライトの除去にも効果的です。

できれば全身のリンパ節を順にマッサージするのがいいのですが、まずは気になる部分だけでもいいのでリンパのマッサージをしてみましょう。ただしあまり強くやり過ぎると、肌や筋肉を痛めたりすることもあるので、注意しましょう。

 

 

まとめ

スリミングジェルはたるんだ部分をシェイプアップしたり引き締めるためのマッサージジェルです。温感成分や美容成分が配合されているので、気になる部分に塗ってマッサージすることでスリム効果や美容効果が得られます。さまざまな効果が期待される商品がいろいろあるので、自分の目的に合ったスリミングジェルを選び、シェイプアップにスキンケアに励んでみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

クレンジングと毛穴について解説!汚れや黒ずみを落とす方法は?

水 8月 28 , 2019
スリミングジェルとはどんなものかご存知ですか? 名 […]