クレンジングなんてただのメイク落とし。そう思っている方は多いことでしょう。

たかがクレンジングと言ってしまえばそれまでですが、クレンジングにもいろいろな種類がありますし、効果的な方法もあります。日常的に行っているクレンジングですが、怠るとどうなるとか、実は知らないことも結構あるのではないでしょうか?

そこで今回はクレンジングをおさらいする意味で、クレンジングとは何か、その種類や方法など、基本に立ち返ってご紹介したいと思います。

 

 

クレンジングとはなにか?

クレンジングはスキンケアにおいて基本とも言えるもののひとつです。スキンケアの工程はいろいろあり、美容化粧品もまたいろいろですが、その中でクレンジングは、美しい肌づくりのための土台とも言える重要な工程です。

それではクレンジングとは何かと聞かれれば、メイク落としと答える方は多いと思います。

しかしクレンジングについてその詳細を知っている方は、おそらく少ないのではないでしょうか?クレンジングは確かにメイク落としに違いありませんが、メイクだけでなく肌についた油汚れを落とす作業を総じてクレンジングといいます。メイクはそもそも油性であり、それを水で洗い流そうと思っても落ちてくれるものではありません。

水と油はそのままでは混ざり合わないので、当たり前と言えば当たり前ですね。そこでメイクを落とすためには、界面活性剤など水にも油にも馴染む成分を使う必要が出てきます。

こうして化粧品や油汚れを落とすこと、またはそのための化粧品を「クレンジング(剤)」と呼んでいます。

 

クレンジングと洗顔は違う

洗顔と何が違うの?同じでしょ?と思われる方もいるでしょう。しかしクレンジングと洗顔は明確に異なります。どのように違うのかというと、まずクレンジングはメイクなどの油汚れを落とすことです。これに対して洗顔は古い角質や余分な皮脂、ホコリなどの汚れを落とすことを言います。どちらも汚れを落とすという点では同じですが、落とす汚れによって明確に区別されます。現在はクレンジングと洗顔の両方の機能を持たせたクレンジング剤や洗顔料も多数販売されています。

効果の程は別としても、クレンジングと洗顔が一度に行えるというのは、忙しく時間がない方にとってはうれしい時短アイテムかもしれませんね。

 

ダブル洗顔について

このようにクレンジングと洗顔はそれぞれ落とすべき汚れが違うことから、汚れ落ちという観点からすると基本的には両方を行うことが有効と言えます。このクレンジング、洗顔の両方を行うのが「ダブル洗顔」です。日本では一般的なダブル洗顔ですが、海外では1回の洗顔で済ませてしまうことが多いとされています。クレンジングでメイク汚れをしっかり落とし、その後洗顔で古い角質や皮脂汚れをしっかり落とすのが、汚れ落としとしてはベストと言えます。

しかしクレンジングも洗顔も少なからず肌に負担がかかります。肌質や肌の強さには個人差があるので、ダブル洗顔だと肌への負担が大き過ぎて肌を痛めてしまう方もいます。そう考えると、汚れ落ちの良いダブル洗顔が必ずしもベストとは言えなくなってしまいます。

 

クレンジングを怠ると肌トラブルに

クレンジングは基本的にはその日のうちに行うことが望ましいと言えます。夜にメイクを落とさずそのまま寝てしまったりすのは、肌にとって良くありません。メイクが肌に残った状態では、肌の油分や水分がメイクに吸収されてしまい、肌の乾燥につながってしまいます。

スキンケアの基本は保湿といわれるほど、健康な肌を保つためには肌の乾燥は避ける必要があります。さらにメイクをそのままにしておくと、毛穴も塞がりやすくなるのでニキビなどの肌トラブルを起こしかねません。

とにかくメイクをそのまま放置することは、肌にとっては悪影響そのものですので、肌トラブルを防ぐためにもクレンジングは毎日しっかりと行うことが大切です。

 

 

クレンジングの種類について

クレンジングとはどういうものか、おわかりいただけたかと思います。ところでクレンジングといってもクレンジング剤にもいろいろなしゅるいがあります。それぞれに特徴があるので、合わせてご紹介します。

 

オイルタイプ

クレンジング力が高く、汚れ落ちの良さに定評のあるのがオイルタイプのクレンジングです。油性の成分でメイクと馴染みやすく、口紅やアイメイクといった濃いメイクもこれひとつで落とすことができます。

 

ジェルタイプ

ジェル状のクレンジグ剤です。メイクと馴染ませる際に肌に与える刺激が少なく、肌に優しいクレンジングです。ジェルタイプの中にはオイル成分配合のものとそうでないものがあります。ジェルタイプの洗浄力はあまり強くないのですが、少しでも強い洗浄力をのぞののであれば、オイル配合のものを選びましょう。

 

クリームタイプ

クリームタイプは汚れ落としだけでなく保湿効果も持ち合わせているいタイイプが多いです。

オイルタイプと比べても肌に対する刺激が少なく、保湿効果も期待できることから、敏感肌など肌の弱い方が多く使われているタイプです。刺激の強いのは苦手、肌を守りながらメイク落としを望む方に向いています。

 

ミルククタイプ

ミルクタイプのクレンジングはメイク落としの力はあまり高くありません。ですのでばっちりメイクをする方より、ナチュラルメイク、薄化粧の方におすすめのクレンジングと言えます。クリームタイプほどではありませんが、保湿効果もあるため肌の潤いを保ってくれます。

 

シートタイプ

現在はシートタイプのメイク落としも販売されています。シートタイプには洗浄力や洗い流し不要などいろいろなタイプがあるので、用途に応じて選ぶと良いでしょう。コンビニなどで簡単に手に入るのも魅力ですし、持ち運びに便利なので普段使いというよりは、旅行などに持っていくのにおすすめです。

 

 

クレンジングを行う際の注意点

クレンジングはどのように行えばいいのか、何に注意して行えばいいのかなど、クレンジングをする際の注意点、ポイントについて説明します。

 

まずはしっかりと手を洗う

クレンジングをする前には、まず手をしっかり洗い、清潔にしましょう。手はいろいろな場所に触れることから、さまざまな雑菌がついており、さながら雑菌の温床ともいうべき状態と化しています。ですので顔に触る前にまずはハンドソープを用いて手をきれいに洗い、雑菌を落とした後、クレンジングに入ります。

 

肌をゴシゴシこすらない

他のスキンケアと同様に、クレンジングも肌に優しく、負担をかけないようにして行います。間違ってもゴシゴシ顔をこすってはいけません。特にダブル洗顔のするとなると、少なからず肌に負担をかけることになるため、必要以上に肌に刺激を与えないよう心がけましょう。メイクを落としたい気持ちのあまり、ついゴシゴシとやりたくなりがちですが、優しく肌を撫で負担をかけないように馴染ませます。

洗浄力の低いクレンジングの場合は、特に注意が必要です。

 

まずはTゾーンから始める

クレンジングの順番としては、まず油分の多いTゾーンからスタートします。その後顔の外側部分に向かって行うようなイメージで、頬や目、口といった順番で行います。メイクの濃い部分などはしっかり落とすために少し長めに馴染ませます。ただし目元や口元は、皮膚が薄くて弱い部分でもあり、やり過ぎて肌を痛めないよう気をつけましょう。

皮膚が薄く弱い部分は、押さえながら軽く馴染ませるようにするのが良いでしょう。

 

ぬるま湯で洗い流す

洗い流す際には30℃程度のぬるま湯を使います。冷た過ぎたり熱過ぎたりすると、肌への刺激となりますし、お湯だと肌にとって必要な皮脂まで洗い流されてしまう恐れがあります。

皮脂を必要以上に落としてしまうと、肌のバリア機能が低下することにもつながりますし、皮脂の過剰分泌にもつながります。こうしたことから洗顔時もそうですが、洗い流す際はぬるま湯で行うのが良いとされています。

 

最後は優しく水気を取る

洗い流したあとで水気を拭き取る際には、柔らかい乾いたタオルで押さえるようにして拭き取ります。クレンジングで肌に負担をかけないように注意して行ってきたのですから、最後の拭き取りも肌に刺激を与えないよう注意して行いましょう。間違ってもゴシゴシと拭いてはいけません。ポンポンと肌を押さえるようにしながら水気をタオルに染み込ませるようにするのがコツです。クレンジングも他のスキンケアと同様に、とにかく極力肌に刺激を与えないように行うのがポイントです。

 

 

まとめ

クレンジングとは何か、種類や方法など、基本に立ち返ってご紹介してきました。クレンジングは洗顔と混同されがちですが、メイクや油汚れを落とすという点で洗顔とは異なります。クレンジングにはいろいろな種類があるので、自分の肌やメイクに合ったものを選び、正しい方法でしっかりとメイクを落とすことを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

スリミングジェルとは?その効果や成分、効率的な使い方を解説!

水 8月 28 , 2019
クレンジングなんてただのメイク落とし。そう思ってい […]