肌が乾燥すると化粧のノリが悪くなったり、肌が粉が吹いたりします。なぜ肌は乾燥してしまうのか、その原因を考えたことはありますか?

肌が乾燥する原因がわかれば、乾燥させないための方法にも自然と行き着けるというものです。

そこで今回は肌が乾燥してしまう原因や対処法、やの乾燥させないために気をつけるべき点などについてご紹介します。

 

 

肌の乾燥について

肌が乾燥した状態と言うのは、どのような状態なのでしょう?何となく肌が乾いていれば「乾燥している」と判断するのが大半だと思いますが、実は肌の乾燥にはちゃんと定義があるのです。

 

肌が乾燥した状態とは?

肌が乾燥するとよく言いますが、実は肌の乾燥には定義があることをご存知ですか?

まず肌が乾燥した状態というのは、肌の表面はもちろんですが肌の内部の水分が不足している状態を指します。肌が乾燥した際の症状としては次ようなものが挙げられます。

 

・肌がカサつく

・肌にツヤがない

・肌が痒い

・シワが目立つ

・肌がごわつく

 

これらの症状は1年を通して現れるとは限らず、冬場の空気が乾燥した季節によく見られます。これらは自分で自覚できる乾燥の症状ですが、それ以外にも角質の水分量が20%以下という定義もあります。こちらは自分では感じることが難しい指標だけに、コスメショップや医療機関などで調べてもらう必要があります。

 

肌の乾燥の原因

まず肌が乾燥した状態というのは、肌組織の水分が足りない状態であり、肌内部の水分不足や、外部からの水分補給が足りないことが原因として考えられます。

まず肌内部の水分不足についてですが、その原因としては角質層におけるバリア機能が低下により、肌内部の水分が蒸発して失われてしまうことが考えられます。私たちの肌にはターンオーバーという肌の生まれ変わりサイクルが備わっており、これによって肌細胞は絶えず新しく生まれ変わっています。

しかし、そのサイクルが乱れてしまうと新しい肌細胞が正しく生成されなくなり、肌のバリア機能も低下して肌が乾燥してしまうのです。

また水分補給が足りないというのは、化粧品の選定が間違っている、スキンケアを正しく行っていないなどの原因が考えられます。肌の乾燥は日常生活のリズムや習慣、睡眠、食事、運動、ストレス、スキンケアなど、さまざまな原因によって引き起こされると考えられています。肌の乾燥は肌が健康な状態でないことを示しています。

肌も体の一部ですから、まずは健康的な生活を送ることが肌のためにも大切となります。

 

 

肌の乾燥を防ぐ方法

肌の乾燥を防ぐためにはどのようなことをすれば良いのでしょう?ここでは自分でできる肌の乾燥に対する対処法をご紹介します。

 

スキンケアをしっかり行う

まずはスキンケアをしっかり行いましょう。特に保湿に重点を置いたスキンケアが大切となります。スキンケアはクレンジングから洗顔、乳液・クリームに至るまで一連の工程がありますが、いずれにおいても肌の水分量を保ち、乾燥させないことを意識して行うよう心がけましょう。乾燥した肌はバリア機能が低下した状態であることから、外部からの刺激に弱くデリケートになっています。

このためスキンケアでも日常生活においても、極力肌への刺激を避け、肌に負担をかけないよう気をつける必要があります。そのためには添加物フリー、天然由来成分配合など、肌に優しいスキンケア商品を選んで使うようにしましょう。

 

紫外線から肌を守る

紫外線は肌にメラニンを発生させてシミなどの原因となります。また活性酸素を発生させるので、肌を老化させるとともにターンオーバーを乱し、バリア機能を低下させ肌の乾燥を引き起こす原因になります。このため紫外線対策はいつも万全に行うことが大切となります。

外出時はもちろんですが、家の中にいても紫外線のダメージはゼロではありません。油断することなくしっかりと対策をしましょう。

 

規則正しい生活習慣

肌のターンオーバーや肌の健康状態は、睡眠や食生活を始めとする生活習慣に深く関連しています。特に「睡眠不足はお肌の大敵」「肌は寝ている間に作られる」と言われるように、睡眠時には成長ホルモンの分泌が活発化して肌の再生が促されるため、とにかく睡眠は非常に大切です。どんなにスキンケアをしっかりしても、生活習慣が乱れていては健康な肌を維持するのは難しいと心得ましょう。

 

栄養バランスの取れた食生活

食事で得た栄養は私達の血となり肉となり、肌も食事によって得られた栄養があればこそ作られるというものです。栄養不足では肌に必要な栄養も行き渡らず、健康な肌を作ることはできません。忙しい現代社会においては、生活も不規則になりがちで、食生活もジャンクフードやファーストフードに頼りがちとなり、栄養も偏りがちです。健康で潤いのある肌づくりのためには、ビタミンやタンパク質、食物繊維など、体に必要な栄養素もバランスよくしっかりと摂ることが大切です。

 

 

肌の乾燥を防ぐスキンケアの注意点

肌の乾燥対策としてスキンケアはとても重要ですが、正しいスキンケアを行わないと逆に状態を悪化させてしまう恐れもあります。ここでは肌の乾燥を防ぐためのスキンケアの注意点をご紹介します。

 

スキンケアの順番に気をつける

スキンケアは何でも肌に塗ればいいというものではなく、基本的な順番というものがあります。スキンケアにおいては肌に水分を浸透させ、油分でフタをするという順番で行うのが基本です。水分を先に浸透させ、油分を塗ることで水分の蒸発を防いで肌を保湿するのが正しいスキンケアの順番です。逆の順番では水分の浸透が油分によって妨げられるので必要な水分や美容成分が肌に届きません。

こうした順番を間違えると、肌の表面だけが潤い、内部は水分が不足する「インナードライ」状態に陥りかねません。潤っているつもりが実は乾燥しているのがインナードライなので、そうならないようきちんとした順番でスキンケアを行いましょう。

 

スキンケアのし過ぎも禁物

ターンオーバーのサイクルを整えるためには、きちんと古い角質や汚れをを取り除くことが必要です。

しかしこれもやり過ぎは良くありません。

例えば肌汚れを落とそうとするあまり、洗顔をし過ぎると肌に必要な皮脂や水分も洗い流すことになるため、肌の乾燥や皮脂の過剰分泌を引き起こし、かえって肌トラブルを起こすことにもなりかねません。

クレンジングも同様にやり過ぎは禁物です。

さらに、たまに行うことで効果が得られるピーリングや美容マスクなども、やり過ぎは肌へダメージを与えることになるため、決められた使用頻度を守りましょう。ピーリングは1ヶ月に1〜2回、美容マスクは3日に1回程度が目安です。

 

 

肌の乾燥に効果的な美容成分

肌の乾燥に効果的な美容成分としてはどのようなものがあるのでしょう?ここでは肌への働きを3つに分け、それぞれ有効な成分をご紹介します。

 

肌に水分を与える成分

まず肌に水分を与える成分としては、ヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲン、アミノ酸、尿素、ワセリンなどが挙げられます。特にヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどは、もともと真皮層に存在する成分であり、豊富な水分を保持するとともに、肌のハリや弾力を生み出す役割を果たしている成分でもあります。

 

肌の水分を保持する成分

肌内部の水分を保持するためには、その水分が蒸発して逃げていかないようにすることが大切です。こうした働きを持つ成分としてはセラミドやスウィンゴ脂質、レチノール、大豆レシチンなどが挙げられます。中でもセラミドは角質層の細胞間脂質として強固なラメラ構造を形成し、外部の刺激から肌を守るとともに、肌内部の水分が外部に逃げないようにする役割を果たしています。

 

ターンオーバーを整える成分

肌のターンオーバーを整えて常に新しい肌細胞を生成させることは、長期的に健康な肌を作るうえで大切です。肌ダメージの修復や保湿作用のあるビタミンC誘導体をはじめ、ビタミンE、プラセンタ、酵母エキスといった成分はターンオーバーを整えるのに役立ちます。

 

 

まとめ

肌の乾燥にもいろいろな原因がありますが、その多くは日常生活に起因しています。予防・改善のためには規則正しい生活習慣を身に着け、栄養をきちんと摂り、睡眠もしっかり取るといった、健康的な生活を送ることが大切となります。また正しいスキンケアを行うことも必要です。自分に合った化粧品を用い、正しい方法で毎日のスキンケアを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

話題のナイトブラ「導-MICHIBIKI-」 着け方やお得なまとめ買いの仕方も紹介します!

火 9月 10 , 2019
肌が乾燥すると化粧のノリが悪くなったり、肌が粉が吹 […]